経営者必見!店舗拡大の方法とメリットは?

>

今何をすればいい?

マニュアル化をすべし!

まずは店舗の業務内容をマニュアル化し、可視化することから始めましょう。
実際に仕事の内容について先輩に聞こうと思ったら、人によって言っていることが違う…なんて状況になってしまうと働くやる気が削がれてしまいがちです。
また、人それぞれの業務負担に差が出たりすることも防ぐことができるので、マニュアル化は経営において重要なポイントでもあります。

さらにマニュアルを文字化し、まとめることで誰もが見て確認することができるようになります。
大手の飲食店では一冊の本のようにマニュアルがまとめられていることもありますので、ラミネート加工などして簡単にチェックできるように用意しておくといいかもしれないですね。
こうすることで、一店舗目と同じ業務内容で店舗拡大することができます!

人材育成に力を入れよう!

店舗拡大のタイミングの際にもお店を運営できるスタッフが必要だという話をしましたが、現状何をすればよいのでしょうか?
まずは役職を作りましょう。
例えば店長レベルの仕事ができる人には店長代理を。
他スタッフへの教育が上手な人にはトレーナーを。
こうした役職の制度は給与にも反映されるため、スタッフのモチベーションをキープすることができます。

このような対策をとることで、店長代理のスタッフは店長の代わりに仕事を行うことができるため、どの店舗でも同じような運営をすることができます。
さらにマニュアルによる業務の統一により新人研修にも重点を置くことができるのです。

このように人材を育てることが将来的に店舗の成長拡大につながっていくのです。


この記事をシェアする